So-net無料ブログ作成
検索選択

大分トリニータがいいクラブになるためにはどうするべきか [サッカー]

先週末は僕の応援するチームである、リバプールの試合がFAカップのために延期され、開催されませんでした。
サッカーのない週末はなんとなくさびしいんですよね。例えるなら気の抜けたビールのような。
しかし、わが街のクラブである大分トリニータのJ3での挑戦が始まりました。
初戦は見事に1-0で勝ちましたが、1年でのJ2復帰が至上命題なので、この程度で満足してはいけません。
そこで今回は、全然スタジアム応援に行ったことのないにわかサポーターの僕が、大分トリニータがこれからいいクラブになるために長期的にどうすればいいのかを(無責任にも)考えてみました。

スポンサーリンク





サッカークラブにとって大事なのはなんと言っても勝利です。もちろん弱くてもわが街のクラブだから応援するという人もいるんでしょうが、やっぱり日本では勝つことによる話題性が大事です。トリニータもシャムスカ監督の下、ナビスコカップを取ったときはかなり観客動員が多かったのです。
ただ、クラブの強さというのは水ものですから、なかなか簡単な解決法はありません。あのレアルマドリードやバルセロナでもクラブの歴史の中では暗黒期と呼ばれる時代はありますから。しかし、世界のビッグクラブは調子が悪いときでも観客動員が落ちないのです。今季のチェルシーを見れば分かります。イングランドスペインなんかとは違って日本は歴史がないから。という人もいますが、逆に考えるとこれからまだまだ歴史を作っていけるということなのです。

ということは長期的には目先の勝利よりもクラブの価値を高めていくための方法が重要になってくると思うのです。
そのためにまずトリニータがするべきことはサッカー専用スタジアムを造ることです。
ガンバ大阪がすばらしいスタジアムを造りましたが、あのようなことは本来歴史が浅く、小さいクラブがするべきことなのです。収容人数はガンバのスタジアムよりも少なくてもいいから、今すぐ造るべきです。

ちょっと長くなったので、サッカー専用スタジアムを造るべき理由は明日書いてみたいと思います。

スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。