So-net無料ブログ作成
検索選択

大分トリニータがサッカー専用スタジアムを作るべき理由 [サッカー]

どうもこのブログはサッカー記事が多くて猫との日々じゃなくてサッカーとの日々のほうが気がしますが(笑)。まあいいでしょう。
昨日は大分トリニータがサッカー専用スタジアムを造るべきだと書きました。今回はその理由を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク





トリニータはガンバ大阪などのJリーグ開幕から存在したクラブと違って歴史が短いのです。それに企業の部活からプロクラブになったようなクラブでもなく、完全な市民クラブとして発足しました。
なので発足当時は「大分トリニティ日本語で三位一体(行政・県民・企業)という意味の名前でした。市民クラブといえば聞こえはいいですが、Jリーグの中では企業の後ろ盾がないということは、かなり財政的に厳しいことになるのです。他の市民クラブはヴァンフォーレ甲府などがあります。甲府はかなり長い間J1に残っていますが、財政的にはいつもギリギリです。そうなると強化もなかなかできません。
このような市民クラブが、本当に市民の身近なクラブになるには「イコン」つまり象徴が必要です。その象徴がスタジアムなんです。
イングランドのクラブはほとんどが市民クラブです、そしてどこのチームも自前のすばらしいスタジアムを持っています。「アンフィールド」「セント・ジェームスパーク」「オールドトラッフォード」などイングランドのクラブが保有しているスタジアムは世界最高水準です。たとえクラブが弱くなってしまっても、僕みたいな外国人ですら。「アンフィールドに試合を見に行きたい」という風に感じることができるのです。

大分トリニータも規模が小さくとも、クラブのイコンとなるようなスタジアムをアクセスのいい場所に造れば、「あのすごいスタジアムにサッカー見に行こうぜ」となって、そこでトリニータ好きになってもらえばいいんです。

お金の問題は後回しにして、とりあえず計画を立てましょう。まず夢の持てるものができあがれば現実はあとからついてきますから。

スポンサーリンク




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。